あきおのお楽しみ日記!

2005-07-03陣屋で餅つき

今日は会社の仲間で鶴巻温泉の『陣屋』に泊まりにいきました。男だけで何しに行ったんだ?!という感じですが、会社での勉強グループでたまには懇親で、ということで会社で2時間ばかり勉強したあと高速飛ばして鶴巻温泉に行きました。

初めて陣屋に泊まりましたが、古い温泉宿でした。将棋の試合会場に何度もなっているそうで写真がたくさん掲げられていましたが、全く関心がないので『へぇ~』という感じでした。

食事のあと、餅つきが催されるということでしたので、喜び勇んで餅つき会場に行きました。宿泊客に餅つきをやらしてくれるのですが、これがついてもついても柔らかくならない!

おかしいなぁ、と思っていると、宿のアンちゃんが『ハイッ、ありがとうございました~』といって米粒の残る塊をもってさっさと調理場のほうへ行ってしまうではないですか。『おかしいな~』と思って、臼の周りに飛び散ったもち米を拾ってみると、ちゃんと蒸せていない状態で芯がバッチリありました。これじゃダメなわけだと思い、「そういえば1年前にどこかの例会でも同じようなことがあったなぁ~」と懐かしく思ってしまいました。(ゆうきさん、あのときはビビリましたね!)

そのあと部屋にお餅が届けられたことは付け加えておきます。(もちろん、芯はありません)