Zooey's murmur

title.jpg

2006-09-30 (Sat)

[]ビタミン

どーも夏場の読書はダメです。何故って言うと、僕の読書の場所はお風呂だからです。夏はほとんどシャワーですませてしまうので、本を読む時間がないんです。そんな僕が久々の読書に選んだのが「ビタミンF」です。重松 清の本は「流星ワゴン」から二冊目。ちょっとマニアックなミステリー小説好きの僕ですが、最近はセンチメンタルな物語に惹かれてしまいます。登場する主人公のほとんどは僕と同じ年代の37、38歳です。結婚して子供も成長してきて、親の老後の問題もちらほら出始め、そして妻との関係も若い頃のようにはかみあわなくなってくる。家族と共にいられる小さな幸せ、40歳を迎える前の「俺の人生これでいいの?」と振り返りたくなる気持ち、そんな心の葛藤をやさしい言葉で描いています。読んでホッとする。こころに効くビタミンといった小説でした。

ビタミンF (新潮文庫)

ビタミンF (新潮文庫)

輝2006/10/25 18:00ビタミンF読みました♪「小さき者へ・定年ゴジラ」も良かったですよ。重松さんの小説は、けして派手では無いけど、無くした&忘れた「何か」を思い出させてくれますね。
突然ですが、ガンダム世代ですよね?福井晴敏の「月に繭 地には果実(原題∀ガンダム)」福井 晴敏 (著)幻冬舎文庫
興味がありましたら・・・どうぞ。子供向けのガンダムと違う、文学性高い大人向けSFファンタジー小説です。

ZooeyZooey2006/10/25 20:46輝さんありがとう。たしかに世代としてはガンダム世代になりますね。「月に繭 地には果実」は今度チェックしてみます。今は同じ重松 清の「疾走」を読んでいます。今まで読んだ重松ワールドと全然違って、暗く重いシリアスなストーリーです。まだ途中ですが、東野圭吾の「白夜行」に近いイメージかな。また輝さんのお勧め本教えて下さいね。

輝2006/10/26 18:08こちらこそ、お薦めの本があったらUPお願いします。
会社でのCoffee break中に拝見してます。Zooeyさんの興味そそる話題に綺麗な写真。和みます。
いつも

トラックバック - http://yamato-jc.g.hatena.ne.jp/Pranny/20060930
Counter
245663