Zooey's murmur

title.jpg

2006-04-30 (Sun)

[]ブロークバック・マウンテン

同性愛の映画がアカデミー賞を獲るなんて、昔なら考えられなかったかも知れない。ゲイをテーマとした映画は沢山あるけども、もっとも保守的なカウボーイの世界での話だから話題も大きかったと思う。生理的に受け入れられるかは別として、私は「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」に次いで、なかなか好きな映画でした。一緒に行った妻は全く気に入らなかったそうです。(私は拒絶反応を起こしているのだと思いますが)映画の前半、ワイオミングの壮大な自然はため息が出るほど美しかったです。また後半の禁断の愛?に関しても、特に違和感なく観ることができました。男同士と言っても、やはりどちらかが男そして女という役割になるので(精神的に)、普通に男女の恋愛として観ていました。ただ一点気になったのが、ストーリーとしては20年近くに渡るのですが、かっこいい二人が、ちっとも年をとらない。ちょっとお腹が出てるくらいな所に、リアリティが欠ける気がしました。

f:id:Pranny:20060504094016j:image

公式ホームページ http://www.wisepolicy.com/brokebackmountain/

ブロークバック・マウンテン (集英社文庫(海外))

ブロークバック・マウンテン (集英社文庫(海外))

トラックバック - http://yamato-jc.g.hatena.ne.jp/Pranny/20060430
Counter
281830