Zooey's murmur

title.jpg

2005-07-29 (Fri)

[]スクール・オブ・ロック

かなり前に友人から勧められていたけど、アメリカ映画のよくあるパターンかなあと思って敬遠していました。
が、この映画のモデルとなった先生が実際に子供達を指導して、ピンクフロイドの「ザ・ウォール」全曲演奏会をしたホームビデオの存在を知り、ビデオレンタル屋に直行しました。映画の前半は、かなり無理のある展開ですが、最後の子供達の演奏シーンは、なかなかの鳥肌もんでした。特典映像でわかったのですが、出演している子供達は、みんなプロ並の演奏力で、ライブのシーンも実際の演奏だそうです。特典映像には他に「ロックの神様」レッド・ツェッペリンに、『移民の歌』の使用許可をもらうためだけに撮ったパフォーマンスも収録されてます。でもそこまでやるなら、もっと大胆に使って欲しかったなとちょっと思いました。

実録『スクール・オブ・ロック』のピンクフロイド「ザ・ウォール」の演奏の模様は下記で見られます。ロックファン必見、ここまでやるか!子供達が選んだ選曲とは思えない、きっと先生の趣味でしょう。それにしてもヴォーカルも入ってるし、ギターソロもあるし、いやいや脱帽ものです。

PGSOR performs - Pink Floyd - The Wall

あきおあきお2005/07/30 16:39この映画、1年ちょっと前に有楽町で観ましたよ。先生役もはじけていて、子供たちの演技・演奏も泣かせるものがありました。一緒に観にいったのは・・・。妻と付き合う前だったかな・・・

ZooeyZooey2005/07/30 18:43映画の思い出って、誰と行ったかなんだよね。今の若い人も初めてのデートは映画が定番なのかな?

tondokorotondokoro2005/08/03 10:53私もDVD持ってますよ。もう10回くらい見ました。ROCK通にはたまらない逸品ですね。ジャックとは世代がちょっと違いますが、まさに私のROCK道に通じるものがあります。

トラックバック - http://yamato-jc.g.hatena.ne.jp/Pranny/20050729
Counter
293481