Zooey's murmur

title.jpg

2005-06-03 (Fri)

[]クローン羊のつくりかた

昨年、アメリカでペットの猫のクローンをつくるビジネスが始まりました。TVにもクローン猫の「リトルリッキー」が飼い主に抱かれ紹介されてました。毛並みはもちろん一緒、口の中のほくろも一緒、仕草もそっくりと報道されていました。費用は5万ドルだったと思います。(現在3.2万ドルまで下がった?)私は今のところ細胞だけは保管しておこうかなどと考えています。(細胞保管のサービスは250ドルから)実際に「リトルフラニー」をつくろうとは考えていませんが、その可能性をゼロにはしたくないというのが正直な気持ちです。
このクローンをつくってくれるGenetic Savings and Clone社は日本でのサービスも予定しているらしいです。まあその前にクローンとはどういう仕組みなのか、子ども向けの内容ですが、本書を手にしました。爬虫類などに比べてほ乳類のクローンは何故難しいか。ジュラシックパークのように恐竜の復活が出来るのか、クローン技術で難病が治るのか等が分かりやすく書いてあります。皆さんはペットのクローンどう思います?

クローン羊のつくりかた

クローン羊のつくりかた

Genetic Savings and Clone社のサイト

http://savingsandclone.com/

クローンペットのムービーまで見ることが出来ます。何故だかちょっと恐い。

トラックバック - http://yamato-jc.g.hatena.ne.jp/Pranny/20050603
Counter
278766